ハイプロンの効果について解説します

ハイプロンとは

バイアグラ

現在日本は「不眠大国」とよばれるほど、不眠についての悩みを持つ方が増えています。

寝付きが悪い、夜中に何度も目が覚めてしまう、熟睡した気がしない、など人によって症状はさまざまです。

「ハイプロン」は、超短時間型に分類されるジェネリックの睡眠薬となります。

リラックス効果もあり、抗不安薬としてつ病などの治療にも使用されています。

睡眠薬の中にもさまざまな種類があり、それぞれ効果や効能が異なるので、症状にあった薬を選ぶことが大切となってきます。

ハイプロンはソナタのジェネリック

ハイプロンは、睡眠薬の中でも有名なソナタのジェネリック医薬品となります。

ジェネリック医薬品とは、新薬(先発医薬品)のあとに製造された薬(後発医薬品)となり、同じ製造方法で作られているため、新薬と同じ効果・効能があると認められています。

また、その開発費などの費用をおさえることができる為、ジェネリック医薬品は安価となっています。

ソナタは非ベンゾジアゼピン系に分類され、主に不眠症の治療薬として使用されています。

服用後の効き目が早くあらわれ、翌日への影響も少ないことから、寝付きが悪い・なかなか眠れないなどの入眠障害の方に多く利用されているようです。

その他にもリラックス効果や不安をおさえる効果があり、抗不安薬としても対応している治療薬となります。

ザレプロンとは

ソナタには「ザレプロン」という成分が含まれています。

この成分が含まれた睡眠薬は、脳内神経のGABAに働きかけ作用を大きくします。

GABAは、アミノ酸の一種で興奮状態の脳の神経をおさえる効果があり、その結果睡眠作用をあらわします。

睡眠薬を服用した際に、翌日目覚めた時の倦怠感や、眠気が残っているなどの影響がでることがあります。

ソナタ(ザレプロン)は、その翌日への持越しがほぼないといわれているため、寝付くまでに時間がかかるなどの入眠障害の方が多く利用している薬となります。

ザレプロンが成分のソナタジェネリックは、通販サイトなどでの購入が可能となります。

非ベンゾジアゼピン系について

睡眠薬は、ベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系にわけられます。

非ベンゾジアゼピン系は、それぞれの役割にしぼって作用するため、依存性も少なく副作用も軽度となります。 ハイプロンもこの部類となります。

この部類の睡眠薬は、脳内のベンゾジアゼピン受容体を刺激する働きをもち、その結果不眠の改善といった効果がみられるようになります。

以前までは、バルビツール酸系などといったものが不眠症の主な治療薬となっていましたが、依存性や離脱症状のリスクが高く、安全性が低いことがデメリットとなっていました。

そのリスクを軽減するために、ベンゾジアゼピン系の治療薬が開発され、今現在では睡眠薬や抗不安薬として日本では主流となっています。

ハイプロンの効果

睡眠薬の種類も症状にあわせてさまざまです。

作用機序の違いから下記のように大きく2つに分けられています。

■脳の機能を低下させ、入眠へと導く
(ベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系など)

■生理的(自然)な睡眠作用を強くする
(メラトニンやオレキシンなど)

ハイプロンは非ベンゾジアゼピン系にあたり、抗うつ症状への治療薬のほか、睡眠導入剤としても使用されています。

主な成分としてザレプロンが含まれており、不眠の症状を緩和してくれる役割をもちます。

また、超短時間型の睡眠薬のため、ほかの薬と比べてふらつきやめまい、翌日に残る眠気、倦怠感などが軽減されています。

ただし効果のあらわれ方は個人差がありますので、どれぐらい効果が持続するのか、次の日への影響がないかどうか事前に確認しておくことが大切です。

持続時間

睡眠薬を服用した際に、どのくらいの時間効果が持続するのかはとても重要になってきます。

強い作用のある睡眠薬は、翌日にも影響が出やすく、注意力や集中力が欠けてしまったり、車の運転などへの影響もでてきてしまうので、服用にあたって注意が必要となります。

ハイプロンは「超短時間型」に分類される睡眠薬で、その持続時間も短いです。

早く効き、早く効果が切れるということになるので、次の日への影響もあまりないということになります。

超短時間型睡眠薬とは

睡眠薬は、その成分や種類によって、それぞれの作用時間や効き目のピークが異なります。

作用時間とは、その薬の効果の持続時間をあらわしています。

【超短時間型】
作用時間:3~4時間

【短時間型】
作用時間:6~10時間

【中間型】
作用時間:12~24時間

【長時間型】
作用時間:24時間以上

このように大きく4つにわけられ、その中でもハイプロンは超短時間型の睡眠薬です。

効き目のピークはおよそ1時間以内となり、即効性がありその効果が切れるのも早い薬となります。

ただし作用時間が長いからといって、その分即効性が低いわけではありません。

ほとんどの睡眠薬は、15分から30分ほどで効果があらわれるといわれています。

まとめ

不眠のタイプは人それぞれで異なり、それに対応する睡眠薬の種類もさまざまです。

不眠に悩んでいる方は多くいて、それは誰もがなりうる可能性をもちます。

ハイプロンは、寝付きにくい・眠るまでに時間がかかるといった入眠障害や、夜中に何度も目が覚めてしまう中途覚醒の症状を持つ方への使用がすすめられています。

また、ソナタのジェネリック医薬品になりますので、価格も通常より安く手に入れることができます。

医療費のコストダウンは、利用者にとっても非常に助かるものとなります。

服用する薬が自分の症状にあったものなのか、また、その作用時間や副作用・効果についても事前に理解した上で、正しく服用していきましょう。